日本昔話にみる英語 “a” と “the” の違い

Share me

日本人にとって、英語の”a“と”the“の違いは、理解するのが非常に難しい論点の1つです。

しかし、日本語の中にも、”aと”the”の違いと同じ感覚の表現がありますので紹介したいと思います。

昔々あるところにおじいさんとおばあさん”いました。おじいさん”へ芝刈りに、おばあさん”川へ洗濯へ行きました。

(日本昔話 桃太郎より)

上の桃太郎の冒頭の中で、

1つ目の文の「おじいさん”」の”は英語の”a“に、

2つ目の文の「おじいさん”」の”“はthe”

に相当します。

2つの違いは、1つ目の文ではおじいさんがイメージできていないのに比べて、2つ目の文ではおじいさんがイメージできていることです。

これが”aと”the”の違いです。画像にすると下のような感じになります。

a-the

ちなみにこれは割りと有名な話しで、

  • バカの壁(養老孟司)
  • 日本人の英語(マーク・ピーターセン)

などのベストセラーでも紹介されていますので、興味があればAmazon等でさがしてみてください。

===

もしこの記事が気に入って頂けましたら、はてなブックマークやツイッター等でシェアをお願い致します。非常にはげみになります。